2012年11月18日

平凡な演奏も聴いてみる

faerber01.jpgfaerber02.jpg

Jörg Faerber / Württemberg Chamber Orchestra Heilbronn

何だか昔風の演奏。特にその平凡さに味があるというわけではない定食屋のラーメンのような。別に不味いわけではないのだけれど。リズムももっさりしていて、4番の終楽章など個性的とすら言える。3番や6番はまあ曲に合っていなくもない。2, 4, 5番のようなソロが活躍するものは面白味も少なく、録音のせいか音の分離も悪い。全体として副交感神経が活性化するタイプ。

フェルバーとハイルブロンの室内オケと言えば、ルーカス・グラーフやアルゲリッチと共演したアルバムが有名だったし、こんな感じだったっけ、といくつか聴いてみる。アルゲリッチとのショスタコはまあいいとして、ハイドンのピアノ協奏曲はもっさり系。ソロとの共演じゃないハフナー・セレナーデあたりもやはりこのバッハと同じような傾向。現在は、Ruben Gazarian の指揮で活動してBayer Recordsからアルバムも出ているが、2010年のベートーヴェン交響曲全集が最新のようである。
Württembergisches Kammerorchester Heilbronn


posted by BIANCO at 15:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 現代楽器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。