2012年11月18日

安心が第一?








Ludwig Güttler / Virtuosi Saxoniae

旧東独のトランペット奏者ギュトラーは自ら指揮棒をとったアルバムも多数録音している。器楽曲のみではなく、バッハの宗教曲も、更にモーツァルトあたりまで。

この演奏、一口で言えば安心の演奏。昔風といえば昔風だが、退屈さは感じない。もともとシュターツカペレ・ドレスデンの奏者を集めてギュトラーが編成したオーケストラだそうで、フレーズのひとつひとつまで心配りが効いた演奏。全体的な印象としては、ロス・ポプルと同じカテゴリーになりそうだが、イギリスとドイツの差というか、響きも少しくぐもった落ち着いたもの。それでも4番の第3楽章のように、軽妙洒脱に飛ばすところもあって大きな魅力となっている。6番も落ち着いた響きと、エッジに不足の無いアーティキュレーション。曲の配置順が変わっていて、1, 3, 5, 4, 6, 2番となっている。ギュトラーのソロ(コルノ・ダ・カッチャ使用とのこと)で締めるためか。さて、ポプルとギュトラー、別に二者択一の必要は無いのだが、個人的にどちらか採るならギュトラーか。だが価格が高い。上記のようなデザインの廉価盤仕様なら、2枚組になっているオリジナルに近いデザインのほう良い。HMVで売っていて、こちらの方が安い。guttler.jpg



posted by BIANCO at 12:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 現代楽器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。