2009年05月18日

マックス・レーガーによるピアノ編曲

LINK
Piano Duo Evelinde Trenkner, Sontraud Speidel

マックス・レーガーによるピアノ編曲版。レーガーは管弦楽組曲も全部ピアノ編曲している。

私はこの音楽がものすごく好きである。あのブランデンブルクがピアノ連弾で奏されるというだけで、もう血沸き肉躍ってしまうのだが、それだけではなく、ここでは、バッハを聴くという体験を改めて実感出来る。ピアノという楽器は別に好きではない。リストもショパンもピンと来ないくらいピアノ音痴である。まあ、それはどうでもいい。

バッハの音楽のハイパー・ミュージック性というか、脱音楽的音楽性というか(訳がわからなくなってきた)、このピアノ編曲はひとつのオリジナルとして存在してるような。

ベートーヴェンの交響曲のリスト編曲とか、ブラームスの自身による交響曲編曲とかとはまた違ったものを感じる。

演奏はとても難しいらしいのだが、もっと演奏されて欲しい。カティア&マリエール・ラベックに期待・・・

それより、グレン・グールドの多重録音による演奏なんてのがあったら初夢ディスクである。


posted by BIANCO at 21:41| Comment(1) | 編曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
聴いてみたいです。
Posted by マーガリン at 2009年05月20日 22:09
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。