2009年05月07日

ルドルフ・バウムガルトナー

LINK
Rudolf Baumgartner conducts Festival Strings Lucerne

バウムガルトナー指揮ルツェルン祝祭弦楽合奏団の新盤(Eurodisc)、と言ってもアナログ時代の終わり頃。ヨゼフ・スーク、オーレル・ニコレ、ギ・トゥーヴロンと言った名手が参加。Archivの旧盤でもニコレが参加していた。

現在の耳には落ち着いたテンポだが、みずみずしく明るい音色のためか、それほど遅い感じはしない。多めの残響には好き嫌いもあるかも知れない。

明るく開放的な伸びやかさが好ましいが、ちょっと生ぬるいと感じることもないわけではない。


posted by BIANCO at 22:03| Comment(0) | 現代楽器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。