2009年08月30日

最初の古楽器演奏?

Savall_Brd.jpg
Nikolaus Harnoncourt / Concentus Musicus Wien

1964年くらいの録音なので、恐らく初めてのピリオド楽器とアプローチによる演奏として名高いアーノンクールの名盤。彼はその後、1982年に映像作品としては再録音していてDVD化もされた。CDとしての再録音は無い、と言っている間にCDメディア自体が廃れてきてしまい・・・

テンポこそ、その後のアドレナリンを放出しまくり交感神経ビンビンの「ピリオドアプローチ」を経験した耳からすると、こんなに鄙びていたのかというくらいおっとりしているのに驚く。

しかし、音は間違いなく古楽器のもので、40年以上たったのに古い感じがしない。ややゆったりめのスピードにより、むしろじっくりと倍音の多いきらびやかな響きが味わえるくらいで、退屈さとは無縁の演奏。

本当に新しかったものは、そう簡単に古くはならない。


posted by BIANCO at 21:15| Comment(0) | ピリオド楽器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

サヴァールを捜せ

Savall_Brd.jpg
Jordi Savall / Le Concert des Nations

このオリジナル・ジャケットはもとより、その後の新装版も廃盤となり、CDショップで入手することは不可能になっているらしい。手軽に聴ける手段としては、Napster の定額サービス利用。サヴァールの個人レーベルである Aliavox の新譜が続々ラインナップされていたが、最近、このブランデンブルグも含めて、Astree時代の多くの録音が加わった。

響きは古楽器そのものだし、スピードもやや速め。アクセントも小気味よく切れる。しかし、どことなく「天然入り」というか、開放的で救われる部分がある。ゴリゴリでもキビキビでもバリバリでもなく、颯爽としてほんわか、と言う風情。20年近く前の古楽器演奏CDはあまり売れないかも知れないが、オンライン化でそのような演奏がリヴァイヴァルするというのは何と素晴らしいことか。
posted by BIANCO at 16:27| Comment(0) | ピリオド楽器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。